-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シビック typeR EK9
最近、クルマを変えました。



これぞ、シビック typeR。
走り専用に、つい買ってしまった。
 
 
 
 
 
というのは冗談で、長期海外出張の先輩から
バッテリもろもろ保守のために預かってるだけです。

もうすぐ10年ものの古いクルマですけど

090906002.jpg

赤く輝くエンブレムはまさしく『typeR』の証。
HONDAの最高傑作『V-TEC』を積む名車です。

しかもシビックはFF。

090906003.jpg

普段乗ってるFRとの違いも楽しめる!
というわけで、週末は乗り比べをしてきた。





typeRは純正でRECAROセミバケが付くんですよえねぇ。
最高ですねこのホールド性は。シート換えたくなってきた。

090906004.jpg

シビックはハッチバックだけあって、背も高くて
座ったときのアイポイントもロドスタに比べると高いです。

『椅子に座って、ペダルを踏む』 という感覚ですね。
なんか言ってて当たり前だけど・・・。

090906005.jpg

ロドスタが妙に低いんだよね。
で、ふと気になって見てみたら。

090906006.jpg

ロドスタはペダルの位置が座面より上にあります。
むしろこっちがおかしいんですケド。

シビックはtypeR以外は普通の乗用車な訳で、
専用設計って訳には行かないんでしょうねぇ。

反面、クラッチとかアクセルは超硬いです。すごく、スポーツカーです。
これに比べるとロドスタはおもちゃに見えてきます。





090906007.jpg

シビックtypeRのコクピット。
赤いエンブレムが走りへの期待を高めます。

そして何といっても圧巻は

090906008.jpg

1万回転まで回るこのタコメーター!
これこそがV-TECのV-TECたるゆえん!

1600ccのエンジンで180馬力を稼ぎ出すヒミツがここに。
2000ccのロドスタが170馬力で頭打ちなのを見れば違いは明らか。

限界の、さらに上だとぉっ!?
というわけですね。





早速乗ってみた。
いつもの峠へ。

090906009.jpg

ここまで来るとだいぶ慣れてきた。
やっぱシビックは峠が似合うなー。



慣れてきたところで、早速V-TECに入れてみる!

低速で加速していくと、6,000rpmを越えたあたりから音が変わります。
普通ならレッドゾーンを迎えるところですが、V-TECはここからが本領発揮!

高回転特有の超官能的な音を響かせながら、もう一段の加速!
うはwうぇwwなにこれwwヤバスwwwwて感じでした。

きっとこの領域を使い続けながら走るのが正しい攻め方なんでしょう。
チキンなのでそれはできませんでした。てかオーバーレブしそうで怖い。

でもマジであの音は鳥肌モノだったなぁ・・・。





というわけで、あんまり乗り回すのもアレなので、
最初のドライブは100kmほどで切り上げ。
(十分乗り回したケド・・・)

あと、これなら人を乗せられるなぁ。

後部座席って重要だね!
コメント
この記事へのコメント
出た~EK9!!
マジで買っちゃったの~!!


…やられたお!!
2009/09/07(月) 21:25:15 | URL | linfay #-[ 編集]
マジでは買えないwww
でも一ヶ月は借りられるからたっぷり遊べるお!
2009/09/07(月) 21:45:16 | URL | zelda #yl2HcnkM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。