-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WILLANS シートベルト
シートと一緒に4点式シートベルトも装着。
WILLANS製の2シーター専用品です。



アイボルトを打つ為にLAILEのブレースバーも導入。
これ無かったら溶接されてたところでした。
調べといてヨカッタ。


100209005.jpg

下はシートレールのボルト部分に固定。
 
 
 
 
 
横はこんな感じ。

100209006.jpg

サイドプロテクターも付けました(*゚д゚)b

ステーには上下2つ穴があって、前後とも上で付けてます。
これで純正と同じくらいの高さなので、もちょっと下げていいかな。



でシートを替えた感想ですが、アイポイントは実感無しとしても、
ホールド性の高さは純正の比じゃないくらい違います!

ワインディングを走ってもまったく体が動かない!
体がぶれないからステアリングやペダル操作に集中できます。

あと、体とシートが触れる部分が多くなったので、振動とかを
良く感じ取れます。クルマのちょっとした動きがよく分かります。



もちろんいい事ばかりじゃなくて、失ったものも多々。

まず、ブレスバーのせいでエアロボードが
完全には倒れなくなりました。

100209007.jpg

まぁ、これは倒すこと無いからいいけども。


あと、シートを一番後ろまで下げると後ろのBOXと干渉します。

100209008.jpg

引っ掛かるくらいで開くには開くけどね。
てかそれ以前に、ここに腕を伸ばせなくなりましたw


あと、純正のシートベルトが使いにくい・・・。

100209009.jpg

無理くりやってますが、刺す方がまた狭いんだこれ(´・ω・)
WILLANSは使わない時は外しておけばいいんだけどね。


他にも、昇降性とか太れないとかイチャイチャできないとか、
不満を挙げればいくらでも出てくるんですが。

それでも1回このシートでシートベルトも締めて峠を走ったら
走りが今までとは全く違って感じて思わず笑っちゃいます。


なんというか、横Gを全く気にせず振り回せるっていう。
乗ってる感じはカートみたいで、楽しいクルマになりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。