-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スキー@流葉
流葉スキー場は、子供の頃ボーイスカウトで毎年
スキー合宿に来てたところなので思い出深い場所です。

でも意外と遠いので、辞めてから行ったのは初めて。



懐かしのロッヂも健在でした。
(*´-`)。o ○(何も変わっていない・・・)

思えばもう15年くらい前の話なんですね。
いつの間にか年をとったもんだなぁ。


で、ゲレンデのほうはと言うと、
早朝から滑り始めたというのもあるけど

100215002.jpg

それを差し引いてもがらんどぅー(゚д゚)


リフトがクワッドになってたくらいで
ほとんど昔と変わらず。懐かしいなぁ。


・・・ん?

100215003.jpg

(;゚д゚)ヤヤヤ・・・ッ!
 
 
 
 
 
というわけで一部のコースは閉鎖でしたが
それ以外は全面滑走可能でした。

基本的に早朝開放されてるのは下のゲレンデだけなので
8時になると上のほうが順次開放されていきます。


というわけで開放次第GO!!

100215004.jpg

一番乗り~(*゚д゚)b


100215005.jpg

これはわんだほーな独り占め!


子供の頃はあまり感じなかったナイスビューです。

でも写真撮ってたらパトロールの人達がすごい勢いで
滑っていきました。なんてこった!初滑りがっ!

・・・てかあの人たちめっちゃ上手いよっ!



パトロールからOKが出ると更に上も開放されていきます。
そしてもう一段上へ。ここの頂上は国雪ゲレンデになってます。

100215006.jpg

ここまで来ると下とは別世界。
全てが凍てついた白と黒だけのセカイ。

さみーよ!m9(゚д゚*)



100215007.jpg

樹氷が見事でした。
完全に頭の中はWHITE DAYSがワンリピート。


100215008.jpg

こちら国雪のゲレンデ。
珍しい擂鉢型です。

斜度や滑り方のバリエーションも豊富なのでかなり楽しめます。
リフトからも良く見えるので派手な技で主張したい人にも最適。



それにしても人が少ない!
土曜日でこれとか完全に穴場だと思う!

長野まで行くほど遠くはなく、高鷲とかで渋滞とリフト待ちに
イライラするくらいなら、ここまで足を伸ばす価値は十分あると思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。