-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンストッパブル
SNSと迷った結果こちらを先に観ることに。



理由は『先に終わりそう』だからです!

でもデンゼルワシントン好きだからいいのー。
そして、どうみても死亡フラグが立ってます。\(^0^)/


以下とりあえずネタバレです。
 
 
 
 
 
お決まりのザ・アメリカンなパニック映画でしょ~と
舐めてかかってたけど、意外と終始楽しめました。

どこまでが実話なのか分かりませんが良くできた話です。

中盤の派手さと裏腹に、停め方が意外と地味だったので
その辺は実話ベースなんだなぁと感じたり。





これが実話ベースじゃなかったら脱線器なんてちまいことせず
戦闘機を要請して撃墜しようとしたりしたんだろうねぇ。
(そんなハイジャック映画があったなぁ・・・)

大統領!撃墜の許可を~!とか。

んで街ひとつ消し飛んで何万人かを犠牲にしたけど
主人公とヒロインだけ助かって結ばれてHAPPY!
スタンディングオベーション!アメリカ万歳!みたいな。

最近そんな『ザ・アメリカ映画』が無くてチョット寂しい(´・ω・)





あと、人間模様が面白かった。

主人公2人の話もまぁいいけど、上層部の考え方が生々しかったなぁ。
自分自身働き出したからかもしれませんが、あるあるwみたいな。

上の人間ってこうだよね~。

基本的に偉いさんクソくらえ的な考えは好きなので
熱くなれる映画でした。操車場長のコニーがカコヨカッタ。





でもこれ観て以来、踏み切り渡るのがちょっと怖いです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。