-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トマムの滑り方2
おぉ、太陽がっ!



雪は夜のうちに止んだみたいで明け方には晴天!
そして普通のゲレンデででも雪が舞うほどの新雪!

これはなんという解放日和!


てな具合で朝一からデスクで申請。
『解放許可申請、下りましたっ!』

110203002.jpeg

そして渡されるビブスとヘルメット。
これを着ることが解放の証という訳ですね!


ところで手続きしている傍ら、キャビンで山頂を目指す人達が
持ってるのは見たことも無いファットなスキー板ばかりでした。

お・・俺、この板で新雪(深雪)滑れるのかな・・・。
若干不安を抱えながら山頂へ。
 
 
 
 
 
キャビンから見下ろす山肌の様子は~?

110203003.jpeg

アカーン!!既にかなりの数に先を越されている!
ゲレンデに人が少ないのはみんな山に消えてるからか?





とりあえず、一発目は遭難しないように
跡のいっぱいついてる無難そうなところから。。。

110203006.jpeg

実際に上から見ると傾斜はなかなかのもの。

だが一気に下るっ!



入り口は跡がたくさんだったけど、入っていくと文字通り
コース取りは自由!未開拓の新雪が広がります!

110203004.jpeg

木を避けながら、雪を撒き散らしながら雪面を
切り裂いていく感覚はかなり気持ちいいです!



そして森の中には自然のギミックがいっぱい!

110203008.jpeg

倒木だったりマッシュだったりのジャンプポイントも。
ま・・・、マッシュ?というかいやらしいモノに見える・・・。





いやしかし深雪は重い。

110203007.jpeg

プチファットとはいえ、流石にこの板では埋まる・・・。
前使ってたアルペンスキーより浮力はあるけど。。

なかなかキツイですねぇこれは。

110203009.jpeg

止まったら埋まるぞっ!て感じ。

もっふもっふと掻き分けていくのでかなり疲れる。
フリースキーでオーバーヘッドってかなり大変なんだなー、と。





しかし初体験のパウダーはかなり楽しめました。

110203010.jpeg

頂上はこんな感じ。
この辺は風も強くてさらさらの雪はほとんど積もらない様子。
全てを凍て付かせるような風にカメラを出すのも辛い(´・ω・)


さらに先へ行くとこんな斜面が。

110203011.jpeg

こっちはスキー場外なので禁止されてましたが
これはもうフリースキーのPVの世界ですね。。。





一日滑ったら解放部分もほぼ滑りつくされてました。

110203012.jpeg

満足したらビブスを夕方までに返却して終了。
これが返されないとレスキューが出動するらしいです。

んー、確かに吹雪だったら命の危険を感じるカモ。。。



110203005.jpeg

最後にフル装備の記念ショットをひとつ。
マイナス20℃にマスクは必需品でした!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。