-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Thanksgiving気分
本当はTurkeyと行きたいとこでしたが、
Thanksgivingにチキンを焼いたよ。



この時期はターキーとかチキンとかごろごろ売ってるので、
2人で食べられそうな小ぶりのチキンを購入。
3ポンドで$9くらいでした。


雰囲気だけならこれでいけるっしょー!
というわけでレシピを紹介するよ☆
 
 
 
 
 
まず、取り出したら隅々まで水で洗って、
その後キッチンタオルで水気を拭きとります。

131130002.jpg

おなかの中までしっかりと洗うのがポイント。

袋から取り出した時は獣の匂いがするので
言われなくてもしっかり洗いたい気分になります。




次に中に詰め物をします。

131130004.jpg

本当は、Stuffingといういろんな具材とかパン屑とか混ぜて
炒めたものを入れるみたいですが、よく分からないので




131130003.jpg

とりあえず炒飯を作って詰めることに。

要は肉汁をたっぷり吸って美味しくなればいいんだよね。
そして臭みを取る役割としてハーブの代わりにニンニクを。




詰める。

131130005.jpg

ガーリックライス詰めチキン。
中は意外と広いので隅々まで詰めます。




いよいよ焼く準備です。

131130006.jpg

お尻から中身が出ないように足を閉じて紐で縛ります。
手羽も焦げないようになるべくたたんで形を整えます。

そしたらオイルと塩コショウを塗りたくる。
香ばしさが出るようにごま油にしてみました。




あとはオーブンに投入するのみ!

131130007.jpg

ちなみに、部屋にはでっかいオーブンが付いてました。
流石アメリカ。正直もて余します。これでパン焼いてます。




最初は200℃の高温で30分くらい焼く。
表示が華氏だから大変です。

131130008.jpg

肉汁が出てきたらすくってかけつつ、
温度を少し下げてさらに1時間くらい焼く。




なんとなくいい感じになったら完成!

131130009.jpg

うーん、美味しそう。



ついでにオーブンでグラタンとソーセージも焼いて
Thanksgivingの料理完成です。

131130010.jpg

肉が超やわらかい!
炒飯も肉汁を吸っていい感じ。

適当でも意外と簡単にできたので、この調子なら
いろんな詰め物にも挑戦できそうです。



アメリカではThanksgivingはみんな家族で過ごすみたいですが、
この日はマンション内どこを歩いてもTurkeyの焼けるいい匂いが。

街はどの店も閉まってるし、TVは特番だったり映画やってたり。
翌日から始まる(Black Fridayの)SAIL情報だったり。

どこか日本のお正月に近い雰囲気を感じます。



よーし、来年はお餅詰めTurkeyでもしちゃおかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。