-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喧噪と幻想の入り混じるSan Franciscoを歩いて来た
今回、留学生が集まっての報告会が
北米Incであってサンノゼに滞在。

発表はちょっと練習不足な感はあったけどまぁOKでしょう。
1時間の発表は初めてだったから時間配分とか良く分からん。

それよりみんなちゃんと研究してるんだねぇ、
という意味で自分も頑張ろうという刺激になった。



そして報告会の後、数日間滞在して観光。



とりあえず電車でSan Franciscoへ。
シリコンバレーから1時間ほどでした。
 
 
 
 
 
140709002.jpg

街中心部は近代的なビルがいっぱいで、坂が多くて
路面電車が走ってる。あとユニクロ見つけたので買い物。

San Diegoとは似てるけどまた違う趣きがある。

そして、寒い。なんで?ってくらい寒い。
サンノゼは暑かったのに・・・。

この温度差からか、海側のゴールデンブリッジの辺りは
常に霧が流れてて、それがまた幻想的な雰囲気を醸してる。





せっかくなので路面電車に乗車。

140709003.jpg

この日は4th of Julyでターンテーブルの乗り場は混んでた
けど途中で乗り込む分には意外とすんなりいけました。

よく見たらこれ、ケーブルカーなのね。
地面に埋ってるケーブルを掴んで進むようだ。





車掌さんも乗客もノリが良くて楽しい。

140709004.jpg

そしてあの有名な坂道。

"2nd most tricky street in the world!!"
て叫んでる人がいたけど、

「え、1位はどこなん?」って逆に気になってしまった。



ここで路面電車を途中下車して坂を下る。

あのGoogleの自動運転車も下った坂ですが、
今日は祝日のためか歩行者天国になってた。

140709005.jpg

下から。
急すぎて道路が見えません。





そのまま海岸線に出て、カニとか買い食いしながら
アルカトラズ島とか見ながらぶらぶらと歩く。

140709006.jpg

独立記念日のコンサートやってた。





夜は花火も上がるみたいで、ますます人が
集まってくるけど電車の時間があるので帰路に。

しかし、お祭り騒ぎでバスが運休になってるという
誤算があって駅まで歩いて戻ることに。。。

なんという・・・。



でもおかげでダウンタウンも見れたから良いか。
というか電車に遅れそうで最後はダッシュだったけど。

というわけで、San Francisco、
喧噪と幻想的な雰囲気が混ざったプリチーな街だったよ。
街中を歩くと街ごとのいろんな特徴が見えてきて面白いです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。