-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TSAロックとは何だったのか
140731002.jpg

愛用のinnovatorちゃんでしたが、
遂にTSAロックが破壊されてしまった。


まぁTSAでも空港検査で破壊されることがあるのは
聞いてたんで、壊されたこと自体はいいんですが。

それよりどうにも腑に落ちないことが。
 
 
 
 
 
140731003.jpg

・・・なんでこっち側は無事なん?



受け取ったときこんな状態。

140731001.jpg

片方だけ破壊されて、片方は普通に開錠されてる。



いやいやいや、これ絶対TSAキー持ってるやん。
持ってるのに壊してるやん!!



中には検査をした旨を示す書類が。

140731006.jpg

荷物が開けられない場合、検査員は
強行解錠できる権限を持つうんぬんかんぬん

いやいやいや、それはいいんだけどさ、
なんで片方開けて片方壊したん?



まったく、SSN取得でも苦労したけど、
政府を相手にすると理不尽なことばっかだぜ。



いや、それ以前にTSAロックというものを作ったなら
そのルールはちゃんと守ってほしいところなんですけどね。

まぁこういうのは気にしないのがいいか。





という訳で、片方壊れたけどまだロックできる。

140731004.jpg

だいぶ愛着が湧いて来たんでまだ使いますよ。

140731005.jpg

今回は空港検査だったけど、本物の強盗から守るには布製の
安物を選んで、"ターゲットにならない"ことも重要らしい。

でも、布製はステッカーが貼れないからダメです。



代わりに"壊れた鍵"で身を守ることにします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。