-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクコンが遂にここまで来てた

青山裕企 著書リスト

"スクールガール・コンプレックス" シリーズや
"スク水 -sukumizu-" で有名な青山さんですが。



最近ふと見たらこんなん出てた。

150104001.jpg
スクールボーイ・コンプレックス
 
 
 
 
 

少年時代から、カッコいい同級生や先輩たちに対して抱いていたコンプレックス、感じていた同性としての美と羨望。

(青山裕企 ポートフォリオより)





スクコンを初めて見たときの衝撃も忘れられないけど、
この人の思春期の葛藤を描くセンスとかツボの抑え方とか
ほんと天才的としか言えない。



俺も中学・高校時代の体育の授業なんて気になる男子の
裸ばっか見てたけど、この不思議な魅力というか、
甘酸っぱい感情を的確に表現していると思う。





これって結局ノスタルジー的な感情なのかもしれないけど。





でもそう考えるとさ、

150104003.jpg
"さよならブルマ。"

ブルマが廃止された現代っ子は、大人になってもここからは
ノスタルジックなカタルシスは得られなくなるわけで。



この感情はきっとあの時代をともに生きた
僕らだけのものなんですね。というスパイス。





どうでもいいけど書き物終わらない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。