-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BOSTONの街中とLAX乗り換えがマジsuckな件
BOSTONの街中の運転は何度走っても慣れない。

LOGAN空港は都心を突っ切って行って、その先は
海底トンネルを通るんで、ごちゃごちゃした案内標識と
地下で不安定になるナビの合わせ技でもう最低。


でも早めに家を出たお陰でなんとか間に合った。

その後も、コードシェア便でUNITEDとAMERICANの間で
たらい回しにされたりはあったけど、特に大きな問題なし。




やっぱ鬼門はLAXですよ。
 
 
 
 
 
GoogleのLAX testでも取り上げられてるロサンゼルス
国際空港ですが、これが本当にわかりにくくて大変だった。

HPも古めかしくて一昔前の情報サイトみたいだし。



特に航空会社が変わる乗り換えだったんで、ターミナル間の
移動があったり、シャトルが来なかったり、混んでたり。

フライト案内もターミナル内に無かったり、係員に聞いても
人によって言ってることがまちまちだったり。

とにかくいろんな人に聞いて、なんとかたどり着きました。
結局シャトル来なかったから歩いたし!徒歩移動最強!



そして空港の外の工事現場で働いてるおっちゃんが一番
ターミナル間の移動について詳しかったという。

10分くらいだぜ!歩いて楽勝だぜ!と。
いい人だった。





バンクーバーは綺麗でいいところだった。
軽食をとって、シャトルバスでスキー場まで移動。

うとうとしながら2時間くらいでWhistler Village到着。

総移動時間16時間の長旅でした。
はふぅ。

ありがちだけど、到着して既に疲れたというか。
まぁ一安心というべきか。





あと、カナダは想像してたよりは寒くなかった。
(到着時1˚C @21時)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。