-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SFOは最高にオシャレでLAXとは大違い、しかし荷物はロスト
帰りのフライトはサンフランシスコ乗り換え。



LAXと違って外見も中身も超絶オシャレです。
乗り換え案内も分かりやすくてスピーディーで最高。





とか思っていた頃もありました。





BOSTONに着いたらスキー板が無い。
 
 
 
 
 
今回はスキー板&ブーツを2組持って移動してました。

正直見知らぬ土地でこれはかなり大変だったけど、
実際には全部手で持って移動するシーンはそんなにないです。





んで、だいたいはオーバーサイズで扱われてるので
Baggage Claimの位置も違ってたりします。

バンクーバーに着いた時はそれを知らずに、ドキドキして
係員に聞いたら違うところに転がってたんですが。





BOSTONではOversize Baggageでいつまで待ってても
スキー板が2組ともでてこない。

そのうち案内から呼ばれて、スキー板1組は案内所から
出てきたけど、もう一組は結局飛行機に乗ってなかった。



調べてもらったら、

"次の便に乗ってるわよ!よかったわね!"

いや、よくねーよ。



深夜着の飛行機だったんで、次が着くのが明け方。
結局家まで送ってもらうようにして、帰って来ました。

アメリカ生活2年目ですが、lost Baggageは初でした。

案内所にいた人数からして、その便ではかなり起きてたぽい。
まぁ、行きじゃなくて良かったねぇ、としみじみ思った。





ちなみに、無事に届いたスキー板のバッグには

150113011.jpg

また抜き取りチェックに選ばれたという紙が。

SFOバージョンはBOSバージョンと違うんだ。
もうこれコレクションしちゃおかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。