-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キノの旅 XVIII


先週から、通学中に読む本を小説にしたんですが、
地下鉄で小説とか大学以来で懐かしいなぁと思ってたら
すぐに読み終わってしまった。

黒星さんの描くキノがどんどん可愛くなってる。



でも、さすがに大型の折込挿絵は電車の中で好奇の目を集めますね。
 
 
 
 
 
買うときに、前巻(17)を読んだか不安だったけど
よくよく考えたらこのタイトルの場合は

"ダブり"の場合は気づくけど"飛ばし"の場合は気付かんやん。

というわけで、全く問題はなかった。
飛ばしは帰国してから考えることにしよう。





ストーリーは相変わらず "ふふっ" と思わせてくれるけど、
昔に比べてオブラートが薄くなった?という感じはあった。
風刺が直接的になったような。「税金の国」とか。

あと、1話あたりが短くなって国どうしの伏線が増えたような。
もう一回読み返すともっとしっかり楽しめるのかも。



昔のもまた読み直したいなぁ。
ティーのくだりとかも。



大学の講義中に読んでたんちゃうかな。
記憶がおぼろげな部分も。





でもキノもエルメスも変わらずで安心したよ。
あーーそれにしてもキノ可愛いなぁあぁ

150120002.jpg

お気に入りは16巻とか


150120004.jpg

13巻とか


そういえば昔の方の表紙変わってるんだよね。
全部買い直さなきゃあぁぁ





ちょうど読む本なくなったんで
またKINOKUNIYA NY店行こう。

次は学園キノも買おう。

150120005.jpg

確か5巻は読んでなかったはずだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。