-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UCLAも太陽の下に緑が広がる爽やかな大学だった
せっかくL.A.に来たんでUCLAを見ておこうと。



Pierから内陸に入ってL.A.に向かっていきますが、
街中までは入らない郊外にあります。


朝は霧が出てたけどだんだん晴れてきました。
 
 
 
 
 
そしてUCLAに着く頃にはすっかり晴れて夏空に。

150602002.jpg

そして建物がでかい。

カリフォルニアのビーチに近い大学なんでちゃらちゃらした
イメージを持ってたけど、意外と重厚で歴史深い趣き。

Stanford大学ほどではないけどそれに近い印象。




150602003.jpg

それにしても青い空と緑の芝のコントラストが綺麗で、
なんといっても敷地が広い。

MITもハーバードもごちゃごちゃしてるんで
こういうのは羨ましいね。




ところで、大学グッズを買おうと思ってたけど、coopが無い。
代わりに反対側にcampus shopがあるらしいってことで移動。

150602005.jpg

キャンパス内の移動に車が必要です。
こっちはmedical系の学部とか大学病院とか集まってる。




UCLAの文字もこんなところに。

150602004.jpg

アメリカの大学って "ここから大学です" みたいな門があんまり
無くて、街なかに普通に大学の建物が点在してたりみたいのが多い。

ここにも会社の同僚が留学してるんですが、今日は日曜なので休み。
なのでcampusグッズだけゲットして、そのままL.A.に移動します。





暗くなる前に美術館巡りして飯食って戻ろうって算段ですね。

150602006.jpg

15分ほど走るとL.A.のビル群が見えてきました。
郊外っていってもなかなかいいアクセスですね。





L.A.のダウンタウンで美術館でも巡ろうかと。

150602008.jpg

思ったんだけど、18時の閉館まであんまり時間が無かったんで
ショップだけ物色することに。

太陽の位置的にはどう見てもまだ昼下がりの勢いですが。
これでもう17時半。日が長いんで時間感覚がおかしくなります。





その後、適当にぶらぶらしてたらリトルトーキョーに出た。

150602007.jpg

チャイナタウンならぬ "日本村" 的なものです。
村の中だけじゃなく、この周辺は日本のお店が多い。

ついでなんで晩ご飯に久しぶりに日本のものを食す。
kinokuniyaもみつけたので本も物色。





時間もいい感じになってきたので、そろそろ帰路へ。

ちなみにリトルトーキョーですが、1ブロック隣からはすんごい
スラム街になるんで、歩くときには注意が必要です。

来るときに車で通ったけど、まだ明るかったけど一目で
"あ、ここアカンところや" て気付くレベル。

路上テントの数と汚れ具合はNYのハーレム以上だった。





そんな感じでぶらつきL.A.の旅は終了。
明日からはSan Joseに移動して、いよいよ仕事です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。