-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lower Antelope Canyonいってきた
Grand Circleの旅もいよいよ終盤ですが、Pageを出る前に
Lower Antelope Canyonツアーに行ってきた。



アンテロープがいるとか、アンテロープの形に見えるとか、
そういうのを期待したけど、特にそういうものでは無いみたい。



でも、とにかく人気のようです。
 
 
 
 
 
一人$30弱のチケットを買って、いざスタート。
ちなみにここはツアーでしか入れないようです。

150727002.jpg

入り口の前には注意書きの看板が。
サソリとか出るんね。見てみたいけど、痛いのはイヤ。

確かサソリは大きいのより小さいヤツの方がヤバイって
ハリソンフォードが言ってたんで、気をつけておこう。





歩いて行くと、こんな変わった岩の大地。

150727003.jpg

ちなみにアンテロープキャニオンとは、水と風で浸食された
風穴のような洞窟のような珍しい地形の中を歩けるところです。





アッパーとロウアーがあって、アッパーは普通に観光地的で、
ここロウアーのがより狭くて洞窟的な雰囲気が楽しめるみたい。

150727004.jpg

こんな感じで、はしごを降りて入って行きます。





ではいざ、艶めかしいクレパスの中へ。
(乾ききってますが)





150727005.jpg

入るなり、さっそく感動の光景。
これはなんとも奇妙で美しい自然の造形。





150727006.jpg

途中、狭いところやアップダウンもあって
たまにはしごで上へ行ったり下へ行ったり。

でも上は抜けてるんで、洞窟ってより裂目って感じ。





150727008.jpg

岩の表面はざらざらでいかにも砂岩ぽい。
これは確かに浸食されやすそうだ。





150727009.jpg

中はどこを見てもこんな感じで、
変わった造形がいっぱい。





150727011.jpg

岩に刻まれた波紋に水や風の流れを感じながら、
どうやってこんな形ができたかに思いを馳せつつ。





150727007.jpg

ガイドがおもむろにカメラを貸してみろと言って撮ってくれた。
それぞれにお気に入りポイントを探すのも面白いかもしれない。





150727010.jpg

こ、これは・・・。

明らかに ゴスッ! て落ちてきてるよね・・?
鉄砲水も怖いらしいですが、落石も油断できません。

ちなみに砂は終始さらさらと降ってきてます。
さらがら、ナウシカの地下洞窟みたい。



"私たちマスクをしていない!"
"そうなんだ、ここの空気は澄んでいるんだよ
僕も驚いた、腐海の底にこんなところがあるなんてね"




150727012.jpg

光だ!外へ出られるぞ!
中の広さはこんな感じで大きい人は引っかかります。





そして、にゅるんと外へ出て終了。

150727013.jpg

上から見るとこんなんなってたんですね。
確かにこれは知らずに歩き回ってたら危険ですわ。





中は多少混んでたけど、トータル1時間半くらい。

時間帯を選べば、光がまっすぐに谷底まで差し込むことで
"あなたをお連れしましょう" ごっこもできるようです!





150727014.jpg

アンテロープへお越しの際は、是非試してみてはいかがでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。