-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カネの話
yahooにこんな記事が。
サラリーマンのお小遣い、世代別に明暗――リッチな20代、厳しい30代

クルマを買ったばかりだからという訳ではないが目についt
ちなみに出典はコチラ [ITmedia]。

ぐだぐだと考察じみたことが書いてありますが。
なんかちょっと引っかかるというか。


単純に20代は、まだ将来についてあまり本気出して考えてない人が多くて、給料の中から自由に使える(と考えてる)金が多いだけじゃないのかな?

俺もその一人かもしれないけど(;^ω^)

30代にもなってくると財形とか貯蓄とか真剣に考えてて、
そりゃーのんきに使ってないで溜めることになるだろう。

ただ、それだけのこと。

逆に、小遣いが倍になったら20代は貯蓄に回すって、そら今してないから、よーけもらえるならそっち回しましょかってことじゃないのかな?


何がいいたいかと言うと

バブルだか氷河期だか知らないけど、何かにつけてけったいな
理由付けしてさぞ難しそうに語りたがるのがどーも好かんのです。

というめったに書かない批判的なコメント。
あ、以下はメモ書き程度に。
 
 
 
そもそも『小遣い』の定義が
『自分の裁量で使い道を決められるもの』

というと、結局遊びに使おうが貯金しようが
自分の裁量で決めてたら全部小遣いなんかな?

2007年の調査によると、小遣いの使い道は主に「昼食代」(55.6%)。次いで「趣味の費用」(35.8%)、「飲み代」(29.6%)、「嗜好品代」(27.6%)、「雑誌・書籍代」(25.8%)と続く。GE Moneyでは小遣いを特に定義していないが、小遣いとは、自分の裁量で使い道を決められるもの――といえそうだ。


挙句、明確には定義してないって言い切ってるじゃないか。
そしてこれを見ると『小遣い』の中に『貯蓄』は含まれないようだ。

それにバブル期が最高で最近“回復”傾向ってとこからも、
比較的“自由”に使うって感じで貯蓄は含まないんだろう。

ぶっちゃけ、「食う」金と「遊ぶ」金ってやつだ。

でも

もし小遣いが倍額になったら――。全体の41.4%が「貯蓄・投資」と現実的な回答。特に多かったのが20歳代で半数以上の52.0%に達した。GE Moneyによると「“就職氷河期”を経験している20歳代は財布のひもが固く、とりあえず貯めるという堅実な傾向がある」という。


こっちでは『小遣い』が倍になったら、
それらを『貯蓄』に使うという。

『小遣い』を『小遣い』じゃなくしてしまうというのだろうか。

そもそも『自分の裁量で使い道を決める』はずの『小遣い』が、
自分の意思に反して倍になるとか質問としてありえないだろう。

『小遣い』が倍になったら倍遊びますよね。
『給料』が倍になったら『貯蓄』するかもしらんけど。



うーん、いいかげんな調査だなー。
いや、ただの揚げ足取りかもしれないけれど。

最近お金の計算をいろいろしてたから
こういう話題になると食いつきがいいの^^



しかしこんな調査が1979年から続いているというから世の中ワカラナイ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。