-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亜脱臼
そういえば夏に痛めた肩。
直後にレントゲンを撮ってもらった結果では異常無しでした。

その後はというと、ちょっと強くボールを投げると痛む程度で
日常生活には支障は無いし、なーなーで過ごしてきました。



でもやっぱりあれ以来、肩を動かすとボキボキ言うし、
ある角度にひねると簡単に外れるし・・・。

いや多分完全に外れてはいないと思うんだけど、
抜けるような感じで、そうなるとかなり痛い。

ぐりってやると戻るんだけど・・・。

この前なんて車のハンドルを強く切った拍子に外れるし、
風呂場で体を洗っててちょっと変な角度になって外れたり。



このままではいくらシーズンオフとは言え、
来シーズンの選手生命が危ういじゃないか。

と言うわけでついに重い腰を上げました。

外科なんて所詮外傷の専門家なんだよ!
こういうのは見せる人に見せれば一発で治るのさっ!!



そこで調べに調べた結果、

『形成外科』、『スポーツ整体』という頼もしい看板をいくつも抱える
俗に言う『スポーツ医学の権威』という先生に看てもらう事にしました。
 
 
 
 
 
てな訳で上記のような症状を話した結果。


「うん、亜脱臼だね。」


即答キタコレ。


一応レントゲン撮ったけどやっぱり異常無しでした。
骨的にはまだ外れやすい状態にはなってないらしい。

これは一安心。

でも


「これはもう手術しないと直らないよ」


∑(゚Д゚;)


おーまいがー。
選手生命オワタ\(^○^)/



が、しかし、

まだ日常生活に支障が無いなら手術をするほどでも無いと。
野球を続けたかったら肩の筋肉を付けて補いなさいと言われました。

そしてかつて、鋼の筋肉の鎧で肩の脱臼を克服した
伝説の大横綱、千代の富士の話を聞かされました。



しかし残念ながら、不要な筋肉を付ける気はありません。



なので僕は、

かつて腕の関節を外す事でリーチを伸ばすズームパンチを放ったという、
伝説の英国貴族、ジョナサン・ジョースターの路線で行くことにします。
コメント
この記事へのコメント
結論がおかしいお(;^ω^)
2008/02/21(木) 23:44:07 | URL | linfay #-[ 編集]
タルルートの原子ツトムは関節はずして
腕ねじって原子力発電ぱーんち
とかやってましたな( ´∀`)
2008/02/22(金) 11:44:59 | URL | tild #-[ 編集]
最後の2行がアツい!
これからJOJOって呼ぶね、JOJO!!
2008/02/22(金) 21:26:06 | URL | はらっち #-[ 編集]
JOJOが大人気だお==⊂( ^ω^)⊃
俺もこの関節を使いこなせるようにがんばるお

それにしても原子ツトムの腕はねじれすぎですよ^^;;;
2008/02/23(土) 09:06:47 | URL | zelda #yl2HcnkM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。