-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CHANGE ~具体策を示せ!①
抽象的な精神論を語ってYes We Can!
とか言ってるだけだと怒られちゃうので・・。

具体策です。

前述のような厳しい状況があることは承知の上で、
でも毎回同じような反省ばっかしててもしょうがない。

現状に不満があるなら何かを変えてみなきゃ。
変えてみて、問題があればまた変えていけばいい。

次の手を出し続けることが大事なんだ。
うぅーん、なぜか耳が痛い。



まぁいいや。

一つ目は前々から言ってたことですが、
まとめてみました、PT編成の見直し。

もうやってる同盟があるかも、特にSE以降は多いと思うんだけど、
前述のようにGによって性質が違うので他はあくまで参考程度に。



俺のは簡単に。


現状のこれを

090212002.jpg
こうします。
 
 
 
 
 
見てのとおり、職ごとのPT分けを廃止して
文字通り1つのPT単位で活動できるようにします。

以下、メリットとデメリット。





■職単位のPT構成■

090212001.jpg

◇メリット
  ・PT編成が楽 (同職を集めるだけです。)
  ・指示が楽 (「後衛下がって」とか「前衛突入」とか)
  ・支援が効率的 (Wiz陣+S4Uとか、阿修羅陣+教授とか)

◆デメリット
  ・PTとしての本質的な機能は無い (1PTでは戦えない)
  ・EMCによって弱体化 (後衛PTでPriが別G等)
  ・PT内の役割意識が薄い (周りに同職が多いので)

全員で防衛や全員で突入など、同盟全体がまとまって活動する
場面で機能的な構成。主に旧砦で活きる。PTごとに分かれると弱い。





■新PT構成■

090212002.jpg

◇メリット
  ・1PT単位で活動可能
    → 常に平地戦での基点になる
    → 総指揮はPT単位で動きを支持 (←→守護石など)
    → PTを固定化して連携の熟練が可能
  ・役割意識の明確化 (自PT内で自分の役割を持つ)
  ・EMCによる戦力低下を軽減
    → EMCによりPT1-小隊A、Bみたいに分かれる

◆デメリット
  ・総人数、支援、特殊系の確保 (全PTがPT機能を発揮でるか)
  ・参加キャラの自由度低下 (役割の明確化=参加キャラの明確化)
  ・特殊系の取り扱い (スクリーム+VIT前衛などできなくなる)

同盟全体が散開、PTごとに分かれる場面で機能的。主に広い
フィールドを持つSE砦で活きる。全体が集まるときはメリット低下。





というわけで

ざっくり書いたのでいろいろ抜けてるかもしれません。
簡単に『まとまった時の職ごとPT、分かれた時の新PT』のイメージ。





本当に本当の理想的には・・。
全部のPTがLP、ブラギを確保できて

090212005.jpg

こういう動きを全PTができること。

でも流石にこれは無理だろうけども・・。
これをやるには結局出すキャラを制約せざるを得ない。

何かしらの政策を実施するとき、常に法改正から着手するのは
どこかの政治家みたいじゃないか。やはりそれは愚かだろぅ。

Gのスタイルを保ちつつ、クオリティを上げていく。
それがスマートってなもんだー。





以下、個人的にいいと思う新構成のその他のメリット。

○責任の分散。現在Gマスタや総指揮に負担が全部集中している。
  PTリーダーにある程度権限を与えることでそれを分散。
  最後の派兵は、偵察から含めて基本的にPT単位に任せる。

○PTは常に完全固定化することで、Gv前の編成のごたごた軽減。
  あの時間は本日の作戦周知化とかに使われるべき。

○PTは常に完全固定化、G狩りでもなるべく同じPTにすることで
  それぞれのクセとか好みも分かり合える!ア・ウンの呼吸!

○Pvイベントを開催してPTごとに競わせるのも個人的に好きです。
  後々の戦場システムにも活きる!?

○常に問題になるマスターの抜けについて、実際今の遊撃で追っても、
  阿修羅撃つにも足止めが必要だし、チェイスだったら魔法も必要だし。
  この構成ならPT単位で組織的に追い込むことが可能。
  追い指示も、現場指揮が「PT1頼む」と言うだけ。簡単明確。





こんな感じかな。
一見面白そうだよねぇ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。