-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Terminator 3
先日公開されたターミネーター4の予習として
録画しておいたターミネーター3を観ました。

T-1と2はかなり観てるんですが3は初めてでした。
でも実は何となく観たことあったような・・?


ところで洋画は英語で観たい派なんですが、
録画したものだと英語にできませんでした。

前録画したナショナルトレジャーは副音声できたんだけどなぁ。
できるのとできないのがあって、よく分からんです。


おかげで気がかりな点がいくつか。


一番気がかりだったのはココ。



T-850がT-Xを道連れに爆破するシーン。

090618002.jpg

吹き替え版では、「抹殺完了」と言います。


でもよくよく考えると、この時点でT-850への命令は
ジョン・コナーとケイトを生かすことで、T-Xの抹殺は含まれません。

さらにその後のシーンで、2人は審判の日を止めるためではなく
生き延びるためにT-850によってシェルターに入れられたと知ります。

つまり、T-X爆破時点の本当のT-850のセリフはもっとこう、
自分の任務がこれで達成された的なニュアンスを含んだ、一捻り
利いた英語であって然るべきだ!いやそうに違いない。


そこで調べました。
英語では本当は何と言ってるんだろう。

そして調べに調べて、調べた結果・・っ!!
 
 
 
 
 
「You are terminated.」でした(´・ω・)。





なんだ普通ジャン・・。

と思いきや、これは実はT-1でサラ・コナーが初代ターミネーター
T-800にプレス機でとどめを刺すときの決めセリフと同じです。

このときのサラ・コナーのセリフは、

「私を抹殺するためのTerminatorである
あなたが、私にTerminateされちゃったね」

的なニュアンスを含むから捻りがあるように思います。


でも吹き替えでは・・、記憶があいまいだけど確か
「これで終わりよ」とか「今度こそ終わりよ」
的な感じだったと思います。

吹き替えることで面白さが減っちゃいますよね(´・ω・)


この時のセリフを意識してシュワちゃんが
「You are terminated」と言ったとすると深いですね。

でも吹き替え版では残念ながら伝わりません(´・ω・)
やっぱり洋画は英語じゃないとダメですねぇ・・。



他にも、思考停止から復活してジョン・コナーの前で言った一言も
絶対これ「I'll be back」にかけてるはずだよーっ!って。

何かともどかしい映画鑑賞になりました。



とまぁ、何はともあれ予習はできたので
今週末あたりに満を持してT-4解禁だぜ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。