-だから僕は部屋をやめない-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーイであること、ボーイッシュであること
赤鼻のセンセイを観てて思ったことがあるんだ。





うぅー、かわいいなちくしょう。



・・ではなくて、

090729006.jpg

色気がありますよね。
これで高1なんだぜ・・・。

クラスにこんな子いたら抱いちゃうょ☆
 
 
 
 
 
・・・て、結局逸れてるんですがー。





本題はコチラでした。

090729007.jpg

このカットを見て、
堀北真希に似てる気が。。。

言いすぎ・・?





僕がオトコ好きってのは近い人には話してるんですが、
職場の飲み会とか、やっぱりオープンにするのは憚られる
場面ってのはあるんですよね。

そういうところで一番困るのが「好きな女性のタイプ」とか、
「好きな女性芸能人」とかいう類の話題なわけです。


いないならいないでいいんですが、そうすると
「例えば○○はどう?」みたいな話になるとこれがまた厄介で。

知らんのです。女性芸能人を。

どれくらい知らないかというと・・・。
今ここで、○○を知らない、△△を知らないって並べようと思ったら、
名前すら一人も出てこなくて、唯一出てきた名前がベッキーっていう。

そういうレベル?とにかくガチなんだ。


KAT-TUNとかなら全員フルネームで言えるんだけどね!





と言うわけで最近覚えた便利な言葉が、これだ!

『俺、ボーイッシュな子が好きやねん』

おぉ、かんぺきっ!





「例えば?」





そうだなー





090729003.jpg

ちょっと前の上戸彩とか





090729001.jpg

ちょっと前の堀北真希とかかなー。





というアンバイ。
全部ボーイ役をやってたボーイッシュな子だねっ!





並べてみて気づいたけど、神木たんも含めて
”タイプ的に” 筋は通ってる気がする。

きっと『好みのタイプ』ってのはこういう“タイプ”的な
話をしているわけで、性別とか超越した話なんだと思う。

そうすると、結局 『好きな人』 ってのはそういうところから
選ばれるわけで、その前の段階で 『好きな性別』 というフィルター
を一枚入れてしまうのは、すごく違和感を感じてしまうんだ。

ということをふと思った、今日この頃。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。